業務案内

重金属分析

一般的に食品の中には微量の金属が存在しています。銅や亜鉛などの人体に必須の元素もありますが、一定量を超えて摂取した場合には食中毒の原因となるものもあります。
金属によっては、カドミウムやヒ素、鉛、水銀、クロムなどのように毒性が強く人体に蓄積するものあり、食品衛生法で規格が定められている物質もあります。

重金属分析表
分析項目 所要日数(約) 分析方法
ナトリウム 7日~10日 原子吸光光度法
カルシウム 7日~10日 原子吸光光度法
カリウム 7日~10日 原子吸光光度法
7日~10日 原子吸光光度法
リン 7日~10日 モリブデン酸青吸光光度法
マグネシウム 7日~10日 原子吸光光度法
亜鉛 7日~10日 原子吸光光度法
7日~10日 原子吸光光度法
ヒ素 7日~10日 水素化物原子吸光光度法
14日~21日 原子吸光光度法
重金属(Pbとして) 14日~21日 硫化ナトリウム比色法
カドミウム 14日~21日 原子吸光光度法
水銀 14日~21日 還元気化原子吸光光度法
クロム 14日~21日 原子吸光光度法
マンガン 14日~21日 原子吸光光度法
ニッケル 14日~21日 原子吸光光度法
セレン 14日~21日 水素化物原子吸光光度法
スズ 14日~21日 原子吸光光度法
アルミニウム 14日~21日 原子吸光光度法
  • メールでのお問い合わせ
  • 依頼書ダウンロード